ブログ

blog

ぼうず丸もうけ(続)

2020/08/31
戒名料はなぜ高い?   前回のブログで紹介した『ぼうず丸もうけのカラクリ』では、ちゃんとこのことも触れていました。 ページから抜粋すると以下の通りです。   江戸時代になると、お寺を建てるのと同じくらい貢献した檀家さんに「◯◯院」という戒名がつくようになりました。 お寺に多大なる貢献をするということは、それだけ信仰があついということ。「◯

ぼうず丸もうけ?

2020/08/25
前回のブログで僧侶のありがたいお言葉を書き綴りましたが、今回は手のひらを返したような話。   僧侶が見たら怒りだしてしまいそうな本。 しかしながら、書いたのも僧侶(住職)です。あしからず。     原価0〜5%の商売?   著者は税理士資格を持ち、住職のかたわら会計事務所で経理の仕事をしているそうです。

僧侶に尋ねよ

2020/08/20
前回のブログは『利休にたずねよ』でしたが、今回は「僧侶に尋ねよ」です。 『サライ』という雑誌にそのような特集記事が掲載されています。   コロナによる受難の時代を乗り越える智慧を僧侶に求める、というものです。   多くの僧侶がそれぞれに金言を発していますが、私の考えに近いと思う一つを抜粋します。 岐阜県正眼寺の住職、山川宗玄さんのコメント。

『利休にたずねよ』

2020/08/14
前回のブログ「私の趣味」の15番目、今後やってみたいものとして茶の湯を挙げました。   茶の湯は、20代の頃から「やってみたい」と思い続けています。 日本人の美意識を凝縮した最高芸術だと思っているからです。   今に至るまで実行に移していませんが、僅かでもその世界を垣間見ようと、茶の湯に関連した書物は何冊も読んでいます。 最近読んだのが『利休

55歳からの生き方

2020/08/07
週刊朝日8月7日号に、このような特集記事が組まれていました。 まさに私がドンピシャの55歳でもあり、興味深く読んでみました。   記事中のあるシニアのコメント。 「私は趣味20個を目標にやっています」。 趣味だけで生きがいとか日々の張り合いといったものが保てるかどうかは意見が分かれるでしょう。   とはいえ、無趣味あるいは趣味が

生前戒名サービス2年目に突入

2020/08/01
昨年8月1日に開業したエピローグ令和も、本日から2年目に突入しました。 もっとも、地味な一周年となりました。     一周年の日に世の中がこのような状態になっているであろうとは、開業日には全く想像できませんでした。 すっかり「生前戒名どころではない」モードかもしれません。   今はただ収束に向かい、平静を取り戻すことを願うのみ
ページトップ
btn