ブログ

blog

最高の報酬

2020/10/31
ネットビジネス(生前戒名サービス)以外に、私は小学生向けに算数教室を主宰しています。   あまりにも違う仕事なので、一貫性も何もないように思えます。 が、私にしてみれば、ワーク•ライフバランスならぬワーク•ワークバランスを取っているのです。つまり、   サービスエリアは全国 ⇦ ⇨  きわめて地域密着   対象はおもにシニア層

初ZOOM

2020/10/26
前回のブログは『伊豆の踊り子』と『古都』。 古きよき映画や文学に浸っていられる時間は、至福そのものです。   が、昔を懐古したり、「昭和はよかった」とか言ってばかりでは、現実の社会からは置いてけぼりにされそうです。 日々の変化は目まぐるしく、イノベーションは日進月歩です。   流れに乗り遅れないよう、私もZOOMにチャレンジ。 ある国家

『伊豆の踊り子』&『古都』

2020/10/21
那覇市にある名画座・桜坂劇場に吉永小百合さん主演の『伊豆の踊り子』を観に足を運びました。 1963年の作品というので57年前、私が生まれる以前です。   この作品では、宇野重吉扮する大学教授が自身の40年前、つまり学生時代(高橋英樹)を回想するという形式を採っています。 その賛否はよく分かりませんが、私には親近感が湧く設定のように思えます。  

『すぐ死ぬんだから』

2020/10/15
91歳までは上手に歳を重ねていきたい、と書いたのが前回のブログ。 手の平返しのようですが、今回紹介する本は『すぐ死ぬんだから』。   著者の内館牧子さんは、ここにきて絶好調のようです。 映画化された『終わった人』に続いて、この『すぐ死ぬんだから』も先日BS でドラマ放送していました。   平均寿命が伸び続けている現在、50代や60代で

“ 歳を重ねる” ということ

2020/10/09
数日前に誕生日を迎えました。56歳です。 我が家の場合、妻の誕生日が5日後であるため、一緒にまとめてお祝いをします。 妻の誕生日を忘れることもないし、これはこれで都合がよいものです。   それはさておき、“ 歳を取る” と言葉で言うとあまりよいイメージが湧きませんが、“ 歳を重ねる” と表現すれば全く違ったニュアンスを感じ取れます。   日々

サイクリングの秋

2020/10/03
この秋は風に吹かれて海岸沿いの道路をサイクリングしたい。 年初からそんなことを考えていました。   沖縄も少しずつ涼しくなって、その季節の到来も間近です。 何はともあれ、自転車が1台必要です。   身長175cmの私であれば、通常は27インチタイヤのサイクリング車を選びます。 が、それでは私が乗る普通自動車に積めません。 &nbs
ページトップ
btn