ブログ

blog

“ 歳を重ねる” ということ

2020/10/09

数日前に誕生日を迎えました。56歳です。

我が家の場合、妻の誕生日が5日後であるため、一緒にまとめてお祝いをします。

妻の誕生日を忘れることもないし、これはこれで都合がよいものです。

 

それはさておき、“ 歳を取る” と言葉で言うとあまりよいイメージが湧きませんが、“ 歳を重ねる” と表現すれば全く違ったニュアンスを感じ取れます。

 

日々新しいことに興味を持ち、新しいことに取り組んでいれば、1年間はとても大きな財産です。

大切なのは、いくつになっても好奇心やチャレンジ精神を失わないこと。

 

誕生日は、この1年間も上手に“ 歳を重ねる” ことが出来たかを確かめる機会。

 

 

人生は90からがおもしろい

 

アンパンマンの作者、故やなせたかし氏(享年94歳)が生前、「人生は90歳を超えてからが本当に楽しい」と言っていました。

教養や経験値を積めば積むほど1日1日の味わいが増す、ということなのでしょうか。

 

この世に生を受けたからには、私もその境地をちょっとだけでも垣間見たいと願っています。

91歳までは生きる。その理由は、以前ブログで書かせていただきました。

⇩       ⇩       ⇩       ⇩       ⇩

https://www.epilogue-reiwa.com/blog/モーツァルトを聴きながら/

ページトップ
btn