ブログ

blog

治るも治らないも心の持ち方次第

2020/02/04

TV ホスピタルをご覧の方へ

 

本土にお住まいの方にはにわかに信じがたいかもしれませんが、沖縄では現在ひまわり🌻が咲き誇っています。

大輪の花ひまわりは、なんだか見ているだけで気持ちが明るくなります。人を笑顔にします。

ぜひ、心からでも元気になって下さい。

 

この「心が元気になる」ということが、病気を治すのに重要であると近年認識されています。

がんを克服した患者さんの体験談を読んでも、「治るも治らないも心の持ち方次第」といったいったコメントをたびたび目にします。

 

例えば、喜び、楽しい、笑い、感動、感謝、勇気、希望、好奇心、チャレンジ、生き甲斐がある、などのプラス志向はことごとく免疫力を引き上げます。

 

一方で、心配、不安、恐怖、怒り、怨み、否定的、悲観的、絶望的、生き甲斐がない、などのマイナス志向はことごとく免疫力を引き下げます。

 

 

マイナスをプラスに変える!

 

もちろん、適切な治療、療法、栄養状態の改善等が重要なのは論を待ちません。

が、それらの効果を最大限に引き出すには、心を元気にすることが欠かせません。

 

心の持ち方、考え方が病気を快方に向かわせる事実は、まだまだ科学的根拠(エビデンス)が十分とは言えません。

それでも、精神神経免疫学という学術分野があり、少しずつですが解明されてはいます。

 

そういえばTVホスピタルのサブタイトルにも、「マイナスをプラスに変える!」と書かれています。

まずは考え方を「マイナスからプラスに変える」ことが大切だ、と考えます。

 

※現在このブログをご覧いただくには、トップページを開けて下部までスクロールする構造になっています。ショートカットしたい場合は、[エピローグ令和]で検索して、表示された六つのサブタイトルのうち「ブログ」をクリックまたはタップしてください。

ページトップ
btn