ブログ

blog

生前戒名・格安の理由①

2019/12/06

生前戒名のメリットについて、前回までのブログで記述しました。

ここからは、エピローグ令和がどうして業界最安値の料金体系を実現できたのか。

それに関して数回に分けて説明します。

 

 

スーパー・ローコスト経営

 

徹底的にコストを抑えている。

何といっても、ここに尽きるといってもよいでしょう。

 

戒名の考案だけではなく、発送業務や事務仕事を含めて私(代表:神代知明)1人で運営しています。

したがって、最大の経費である人件費が発生しません。

私はかつて、創業期の会社で「一人三役四役は当り前」という環境で仕事をしていましたので、まったく苦にはなりません。

 

2番目の経費といわれる賃借料(家賃)も、自宅の1室で営業しているため不要です。

自宅を使えば、水道光熱費や通信費も新たに発生しません。このブログやご依頼者様とのメールのやり取り等も、すでにある Wi-Fi 環境を使っています。

 

こういった諸経費がかさめば、結局のところ料金に反映します。

お客様(ご依頼者様)からいただくことになります。

微々たる努力と工夫があれば削減できるはずの経費です。

 

 

法人でなくても大丈夫

 

エピローグ令和は、あえて法人格にはせず個人事業として営業しています。

私はかつて会社経営にも係わったことがあり、法人にすると何かと経費が掛かることを身に沁みて感じていました。

 

まずは法人の設立費用。資本金の額にもよりますが、司法書士の助けを借りれば、おおよそ30~40万円。

利益がなくても掛かってしまう地方税(均等割)もあります。

 

事務処理量が一気に増えるので、そのためのパソコン等の機器も必要になります。

日々の経理、とりわけ決算が複雑になるために税理士報酬が発生します。

 

もっとも、数百万円(一般には500万円)以上の利益が計上できる場合には、法人の方が有利だと言われています。

ただ、私はそこまで利益(所得)を稼ぐことを目的にはしていません。

 

世の中には「法人でない所は信用できない」と考えている人も少なくはないようです。

しかし、法人と個人の両方と携わった私の経験からすると、そういうことは全く関係ありません。

 

たしかに、高額の取引を継続的に行う場合には法人でなければ、というのは理解できなくはありません。

エピローグ令和の料金は高くても5~6万円です。継続的に取引するという性格のサービスでもありません。

 

法人維持に掛かる経費も、例外なく料金に料金に転嫁されます。

エピローグ令和はそれを避け、体裁よりも実を取る方を選びました。

これが業界最安値の最大の理由です。

 

※現在このブログをご覧いただくには、トップページを開けて下部までスクロールする構造になっています。ショートカットしたい場合は、[エピローグ令和]で検索して、表示された六つのサブタイトルのうち「ブログ」をクリックまたはタップしてください。

ページトップ
btn