ブログ

blog

私にとっての2020年

2020/12/31

昨年末で会社勤めを辞めてフリーとなったので、時間に余裕があった1年でした。

 

そのなかで、まず2月に、自宅で算数教室を始めました。

算数を教えるのも初めてならば、仕事で子どもと関わるのも初めて。

最初はどう接すればよいのか分かりませんでしたが、今では楽しく賑やかな授業になっています。

 

 

時間にゆとりがあれば、やはり読書。

勤めているときにはなかなか読めなかった300頁超の小説にも、じっくり向き合うことができました。

そのなかの一冊、『利休にたずねよ』(500頁超)をきっかけに戦国史に興味を持ち、年後半は結構読み漁りました。

 

読書会に参加し始めたのは7月から。

じつのところ、読書会そのものよりも、楽しいのはそのあとのティータイム。

本好きの仲間との会話はとてつもなく世界が広く、非常に刺激的です。

 

 

学生以来だと思いますが、大好きなクラシック音楽にもたっぷり浸りました。

モーツァルトやブラームスを中心にピアノ曲や室内楽、コンチェルトなど。

FMアプリやYouTube等、音源の幅も広がりました。

 

 

それ以外では・・・

 

 

高校以来の硬式テニス。が、今年はテニスマシーン止まりで、コートに立つことはできませんでした。

 

 

長年やりたかった海岸沿いのサイクリング。

本部半島に沿って瀬底島へ。屋我地島経由で古宇利島へ。海中道路を通って浜比嘉島へ。

心地よい爽快感を味わいました。

 

サイクリングに必要なのが体力づくり。

9月から町民体育館のジム(1回100円!)でコツコツと筋力&持久力アップ。

10歳は若返ったような気がします。

 

 

料理の回数もレシピの数も増えました。

今は空前の野菜安値です。白菜や冬キャベツ、春菊、大根、ネギなどを買い込んで、煮物をせっせと作っています。

 

 

先月は、愛犬チョコを伴って、やんばる(オクマビーチ&リゾート)へ旅行。

そのチョコは、私の在宅時間が増えたため、もう一日中べったり。

ちょっと困ってます。

 

 

 

およそコロナ禍とは無縁だった1年のようにも思えます。

それは日頃より手洗いやうがい、消毒にとどまらず、免疫力を引き上げているからです。

 

 

一方で、そういった知恵(免疫力アップの方法)を自分だけのものにしていてよいのか、という思いも逡巡した2020年でした。

それもあって、来年はもう一度、予防医学の世界に足を踏み入れてみようかと考えています。

 

 

 

※現在このブログをご覧いただくには、トップページを開けて下部までスクロールする構造になっています。ショートカットしたい場合は、[エピローグ令和]で検索して、表示された六つのサブタイトルのうち「ブログ」をクリックまたはタップしてください。

ページトップ
btn