よくある質問

faq

戒名についてよくある質問

回答者 神代知明(エピローグ令和・代表)

生前に戒名をつけても問題ないのですか。

戒名を死後に付けるのが一般的だと考えられていますが、本当はそうではありません。もとより戒名は出家した僧侶に付けるものです。僧侶が修行を経て仏様の弟子になるときに、授戒の儀において授けられる名前です。
したがって仏教の教えでは、死後には戒名を付けません。死後では遅すぎるのです。

『仏教葬祭大事典』にも、戒名の本来の意味は「授戒式を受けて仏教徒になった時に与えられる名前であって、死んでから授かるものではない」と、明確に説明されています。
現在でも仏教の各宗派では、戒名は生前に授かるのが本来の姿であるとして、得度式を催し、生きた人間に戒名を授ける機会を設けています。仏法の世界では、あくまでも生前戒名が当たり前のことです。

では、なぜ日本で死後に戒名を授かる慣習が成立し、それが浸透したのでしょうか。
戒名の習慣が庶民にまで浸透するのは、江戸時代に寺請制度が導入されたことがきっかけです。すべての家は地域の寺の檀家になることを義務づけられました。檀家である証明として、葬式の際には戒名を授かることが掟として定められました。
背景にあるのは、日本に独特な「名前を変える」文化です。現在と違って昔は「幼名」が存在し、元服(成人式)を経て大人の名前が付きました。武士の社会では、手柄を立てると主君から新しい名前が褒美として与えられ、隠居すれば再び別の名前を名乗ることもありました。
ほかにも俳号や画号があります。歌舞伎役者や落語家の「襲名」は皆さんもよくご存知だと思います。同じ人間が、生涯にいくつもの名前を名乗ることは珍しくありませんでした。
このような文化が根付いていることで、あの世に旅立った死者にも新しい名前が必要だ、という考え方が生まれたようです。

これが現代になると、死後の勲章としての戒名という意味合いが加わってきました。つまり、生前の地位や名声、功績に応じて戒名をランク付けするのです。
戒名の上に「○○院」が付く院号、「○○院殿」が付く院殿号がそれです。死後に与えられる一般人の戒名には、その人が俗世間で果たした貢献度が反映されるのです。その点で、戒名は死後に与えられる勲章とも言えます。
いくら立派な人物であっても、生前の段階で、亡くならないうちに院号や院殿号を授かるのは憚られます。その理由からも、戒名は死後に授かるものという慣習が定着したと考えられます。

顧みて現代では、戒名を勲章と考える人は少数となっています。檀家でないかぎりは、寺(檀那寺)のしきたりも関係なく、いつ戒名を付けても自由です。もちろん、「あの世へ行くためのパスポート」という認識は、昔も今もありません。
そもそも死後に戒名をつけたのでは、本人はどういう戒名で葬られているのか知りません。もしも、冥界では戒名で呼び合うのであれば、それこそ生前に自らの戒名を知っておいた方がよいのではないでしょうか。
生前戒名の動きは、仏教界でも始まっています。浄土真宗では、西本願寺(本願寺派)または東本願寺(大谷派)において帰敬式という儀式を受けたのち、戒名(浄土真宗では法名)を授かることができます。
もはや、「戒名は死後に」は何ら根拠を持たなくなっています。

僧侶以外の人が戒名をつけることができるのですか。

仏教界は、戒名を授けることができるのは僧侶だけだ、という立場をとっています。が、もちろん、法的な根拠はありません。戒名について、日本のいかなる法律にも、その定めは見当たりません。それどころか、膨大な数にのぼる仏典でも、戒名に関して説明されているものはありません。

したがって、僧侶以外の誰が戒名を付けても、まったく問題はありません。
そもそも、僧侶が戒名を考えるエキスパートであるかといえば、そうとも言えないのが実状です。僧侶になるための修行のなかで、宗派の大学も本山も戒名の付け方を指導してはいないからです。実際に多くの僧侶は、マニュアルともいえる指南書に頼っている、というのが現実です。最近では、専用のコンピュータ・ソフトも流通しています。

実際に、僧侶以外の人が付けた戒名も存在します。
小説家の幸田露伴や森鴎外は、家族や友人の戒名を付けています。最近では、同じく作家の山田風太郎が自身の戒名を付けています。
僧侶以外でも戒名を付けられることは理解していただけたと思います。
それでもなお、私(神代)が戒名を考えるにふさわしい人物なのかどうか、という疑問は残るかもしれません。私は文士・文豪ではありません。上記の作家が考えるような格式高い戒名は、正直なところハードルが高いと感じます。
私が目指すのは、ご本人の人柄や品性を色濃く反映した、親しみの持てる、愛される戒名です。「戒名の例」のページをご覧いただき、感性または波長が合うと思われた方は、ぜひご検討ください。

やはり院号はつけたほうがよいのでしょうか。

「戒名のしくみ」でも記したように、院号の「院」は、元々は天皇が退位された後の住まいの敬称であり、「後白河院」「後羽鳥院」などが知られています。ですから、院号を一般の人が付けるのは、本来はないのです。
これが変わった節目は太平洋戦争。陸軍が戦死した兵士の戒名に「院」を付けたことから、院号が一般の人にも広がり始めました。
近年では「院」を用いることが常態化しています。「○○さんの住んでいた場所」という意味は消失し、本人の人生観や生きたあかしを表現する傾向になっています。生前の仕事や業績、あるいは性格、信念、趣味、ライフワーク、イメージを簡潔に表す2文字を、院号の「院」の上に選びます。
「その人らしい」戒名にするには、院号は欠かせないという見方もあります。
それでも、院号は必ず必要というものではありません。いわんや、見栄やプライド、世間体を優先し、字数を増やすのが院号の目的ではありません。
そういったことを十分に考慮のうえ判断してください。

■ 院号の例
花田満氏(元大関貴ノ花) 双綱院 ※2人の横綱を育てた
黒澤明氏(映画監督) 映明院
大原麗子氏(女優) 花香院
宮脇俊三氏(鉄道作家) 鉄道院

つけてもらった戒名に満足できなかった場合は。

故人の通夜・葬儀を目前に控えて、僧侶につけてもらった戒名に不満があったとしても、「もう時間がない」ということで諦めてしまうことが普通です。かりに僧侶に掛け合ったとしても、「戒名を変えろという話は聞いたことがない」などと言われるのが関の山です。

が、生前戒名の場合は、柔軟に対応できます。もちろん、ご満足いただけるように最大限の熟慮を重ねますが、どうしてもお気に召さなかったときは、変更のご希望を受け付けます。
その場合は、追加料金の負担をなるべく軽減するために、部分ごとの変更をお薦めします。つまり「院号」「道号」「戒名(法名)」のなかで変更したい部分だけを再考させていただきます。もちろん、一部分だけを入れ替えても全体の語感や音便が崩れないように配慮いたします。

他界したあとの申し込みは受け付けていませんか。

永眠されたあとでも戒名をお付けいたしますが、残念ながら、通夜・葬儀に戒名を間に合わせることはできません。通夜・葬儀は俗名で営んでいただき、初七日(繰り上げで実施しない場合)か四十九日から戒名をお使いください。
「大急ぎでできないのか」というご意見もあるかとは思いますが、大切な戒名を大急ぎで、よくない言葉を使えば「やっつけ仕事」で付けることには同意しかねます。

私が戒名を考えるプロセスは、
1.まず数時間考えて、最良と思われる戒名を考える。
2.一晩寝かせて、翌日また頭をまっさらにして検討を加える。
3.さらに一日置いて、納得できたものを最終的に決定する。

このような段通りで進めてまいります。
緊急対応はできないことをご了承ください。

エピローグ令和の料金は、いくらなんでも安すぎないですか。

「いくらなんでも高すぎないだろうか」と思ったことが、エピローグ令和を立ち上げた原点です。
そもそも相場はあってないようなものですから、エピローグ令和の料金が安いのかどうか、私にも分かりません。
それでも、参考になるかもしれないデータがありますので、ご覧ください。

戒名料の相場(単位:万円)
宗 派 居士・大姉 院信士・院信女 院居士・院大姉
真言宗 50~70 80~ 100~
天台宗・浄土宗 50~60 70~ 100~
臨済宗 50~80 100~
曹洞宗 50~70 100~
日蓮宗 30~50 100~
浄土真宗 釋○○ 20~ 院釋○○ 50~

※週刊朝日 2019年3月22日号「戒名は生前がお得」より

院居士・院大姉(頭に院号を付けて最後に居士か大姉を付ける)で100万円以上もするのには驚愕です(エピローグ令和では4~5万円)。
 一般の商品やサービスの価格は、それに掛かった原材料費や人件費に左右されます。人件費は、労働時間数に連動します。
では、戒名を付ける原材料費はというと、もちろん0円です。ということは、戒名料=人件費と考えられなくもありません。
とはいっても、通夜に間に合わせる戒名の場合、時間は限られます。どのくらい時間を掛けているのか、推して知るべしです。夜通し考えるということは、まずありえません。通常は、手引きとなる書籍等を使って短時間で決定されます。それが数分なのか、数十分なのか、1~2時間なのかは僧侶にもよります。
こうしてみると、上記表にある料金の根拠は皆目わかりません。常識的な経済原理がまったく働かない謎の世界と言っていいかもしれません。だから、ブラックボックスなのです。

振りかえって当エピローグ令和の料金を見ると、「安すぎる」と感じるかもしれません。
が、私はこれでいいと思っていますし、これで十分です。
もちろん、この料金であっても、粗製濫造で戒名を付けることはありません。手引書を使ったマニュアル的な決め方はしません。コンピュータ・ソフトを使用するなど、もってのほかです。
しっかり考えぬいて戒名をお付けいたします。
私が戒名を考えるプロセスは前項のAnswer(Q.他界したあとの申し込みは受け付けていませんか。)に示しましたのでご参照ください。

2名以上で同時に申込んだ場合の割引料金はありませんか。

「まとめて購入すれば○○円割引!」といった商売は、昔も今もなくなることはありません。
けれどもそれは、裏を返せば単品で割引の余地がまだある、ということです。
であるならば、最初からお1人分を満足感のある価格で提供しようというのが、私の考えです。
「この際、ご主人(ご夫人)様のも一緒にいかがですか」と誘い水を向けることはありません。
したがって、同時申込みの割引はございません。
ただし、お2人同時申込みの場合は郵送料が節約できますので、本当に気持ちばかりの贈り物を同封させていただきます。

ページトップ
btn